一般葬のお葬式なら多くの人に見送ってもらえる

一般葬のお葬式って実際に大変なの?

一般葬のお葬式って実際に大変なの? 大切な家族が亡くなられて、悲しみと同時に葬儀・告別式の準備を始めなければなりません。中でも大切な家族を亡くしたばかりなのに喪主の経験される方にとっては、精神的にも肉体的にも大きな負担になります。最近ではそうした精神的な負担や肉体的な負担を軽減する目的で、家族葬や1日葬といった身内だけで行う小規模スタイルの葬儀などが定着しつつあります。少しでも長くゆっくりと故人との時間を過ごしたい方やご高齢の方には負担が少ないのでおすすめのスタイルです。

しかし一方で、一方でお葬式と言えばお通夜から行う一般葬がまだまだ根強く定着しています。特に、故人が在職中の場合、会社関係の方々も多く弔問に訪れます。家族葬と違い、親族や近しい方だけでなく、仕事関係、友人関係、学校関係、地域関係など故人と関わりのあった多くの方にお別れしてもらうことができるので、故人の交友関係が広い場合には特におすすめです。

お葬式を行うためには数多くのステップを踏まなければなりません。たいていの場合は病院から葬儀会社に連絡をして、ご遺体を自宅や葬祭会館などに安置してもらいます。その後、通夜の前にお葬式をお願いする葬儀会社の方とお葬式の様式やプランなど、細かな打ち合わせを行います。

初めてお葬式を取り仕切る場合には、金額に驚くかもしれません。一般葬の場合、会葬御礼品や通夜振る舞い、火葬後の精進落としなど葬儀・告別式以外にも出費がかさむので、それなりの金額が必要となります。ある程度の事柄が決まったら、通夜、通夜振る舞いと続きます。仕事や学業、家庭の都合で葬儀・告別式には参列できない人も、夜に行われるお通夜には参列できるということで、想定以上の人数になることもありますので、会葬御礼品などは多めに準備しておくとよいでしょう。

葬儀会社の方は数多くのお葬式をプロデュースしているプロフェッショナルですので、一般葬でも家族葬や1日葬でも遺族の意向を大切にした上で、どのようなプランが良いのか適切なアドバイスをしてくれます。また、会場内で流すBGMやスライド写真など、遺族や故人の遺志を尊重したお葬式に対応してくれる場合もあります。そのためにも、どの程度のお葬式の規模を望んでいるのか、現実的に費用はどの程度まで出せるのかなど、具体的に意思を示すことが大切です。また生前からどのようなお葬式をしたいのか、誰を呼びたいのかなどを家族で話し合っておくといざそのときを迎えても慌てなくて済みます。

トピックス